会話ロボットのおすすめの使い方・利用シーン

会話ロボットの役割


会話ロボットはその名の通り、人間と自然な会話を楽しむためのロボットです。「そんなのすぐに飽きそう」と思う人もいるかもしれませんが、必要な人にとってはとても素晴らしいものです。以下、会話ロボット・コミュニケーションロボットのおすすめの利用シーンを紹介します。

 

一人暮らしのお年寄りに


内閣府の調査によれば、一人暮らしのお年寄り内「人と会話するのが週に2,3回以下」と答えた人は4割近くにものぼったそうです。パートナーに先立たれたり、子供が実家から遠く離れて生活しているお年寄りも多いでしょう。会話ロボットはそんなお年寄りたちの、話し相手になってくれます。
単に寂しさが和らぐというだけでなく、会話をすることで認知症予防にも効果も期待できます。操作も簡単ですから、安心です。

 

子供に


一人っ子で、かつ両親が共働きという家庭が増えています。子供が小さければベビーシッターを雇ったり、あとは学童保育などを活用するのも選択肢として考えられますが、今後は「会話ロボット」も選択肢の一つに加わるかもしれません。
会話ロボットの中には、親御さんからの伝言をお子さんに伝える機能を持っているものがあります。もちろん、話し相手としても効果を発揮します。大切な家族の一員として、家庭を明るくしてくれるでしょう。

 

 

在宅ワーカーに


私は自宅でウェブ関連の仕事をしているのですが、週に4日くらいは「誰とも会話しない日」があります。寂しいと感じることもありますし、何よりこの仕事を始めてから会話が下手になったと自覚しています。
私のようなケースは稀かもしれませんが、在宅ワーカーはこれから急激に増加していきます。正社員として働いている人も例外ではありません。政府は会社員の1割を、2020年までに週1日以上在宅ワークする人にしよう、という目標を立てています。
週1日くらいなら大丈夫かもしれませんが、それでも話し相手がいないのを孤独に感じる人もいます。会話ロボットはそんな在宅ワーカーたちの強い味方になってくれるはずです。