ロボット掃除機の欠点とデメリット | 向かない家もある

弱点もある


スイッチを押せば、文句ひとつ言わずにお部屋の掃除を始めてくれるロボット掃除機。掃除に費やす時間を大幅に短縮できるだけでなく、電気代も掃除機より安上がり。使えば使うほどその良さを実感し、「もうロボット掃除機なしの生活には戻れない!」と感じる事になるでしょう。
ですがそもそもロボット掃除機は、家具の配置にゆとりがあり、フローリング張りでフラットな空間での活動を得意としています。逆に言えば、例えば段差や畳、カーペット、家具が隙間なく置かれた狭い部屋などはロボット掃除機の弱点です。ロボット掃除機の購入を考えている方は、自宅が「ロボット掃除機の使用に適さない」環境でないかどうかを確認しておきましょう。

 

「畳」「カーペット」が多い家には向かない


掃除機をかける時もフローリングならすいすい進みますが、畳やカーペットの上は少し力が必要ですね。ロボット掃除機は畳やカーペットの上でも作動はしますが、フローリングを掃除する時よりは多少清掃能力が落ちます。
また、センサーに赤外線を採用している機種の場合は暗色系のカーペットを障害物と認識して掃除をしてくれないことも…。さらには、毛足の長いカーペットにロボット掃除機が絡まって身動きが取れなくなるということもあるそうです。

 

物が多い部屋には向かない

ロボット型掃除機には、「あらかじめ障害物を感知して回避する」タイプと「障害物にぶつかってから進路変更をする」タイプがあります。どちらにしても、家具が多ければ多いほど移動範囲(=清掃可能範囲)は制限されてしまいます。ロボット掃除機が通り過ぎた後にもう一度掃除機をかけたり、ぶつかって倒した家具を直したりする手間を考えると…。「最初から自分で掃除した方が早かった」ということになりかねません。

 

ペットを飼っている家には向かない


ペットの抜け毛対策にロボット掃除機の導入を考えているオーナーさんは多いようです。たしかに細かなホコリや髪の毛はロボット掃除機の得意とする分野。でも、肝心のペットとの相性はあまり良くありません。ペットから見たロボット掃除機は、「敵」もしくは「おもちゃ」。目を離したすきに何が起きるかわかりません。ロボット掃除機が作動している間ずっと見守っているくらいなら、こつこつと掃除機やモップがけに励んだ方が良いということになりそうです。

 

また、その他にも「段差が多い」「ケーブル・コード類が多い」家も、ロボット掃除機が思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があるため使用に適した環境とは言えません。もし購入するなら、こういった弱点をカバーする「段差乗り越え機能」や「からまり防止機能」を備えた機種を検討しましょう。